もう一度クレジットカードの詳細を確認してみよう

クレジットカードをモノやサービスの購入だけに使っているという人がほとんどだと思いますが、意外にそれ以外のサービスも充実していることが多いです。そのようなクレジットカードの付帯サービスで有名なのは旅行保険がありますが、その他にも観光施設や交通機関の割引などびっくりするくらいたくさんあります。クレジットカードを持っていても、それらの付帯サービスにはあまり意識していないことも多いですが、クレジットカードを提示しただけでサービスが受けられるのですから使わなければ損と言ってもいいでしょう。自分の保有するクレジットカードでどのようなサービスが受けられるのかもう一度ホームページなどで確認してみてはどうでしょうか。

続きを読む

クレジットカードを持って一番便利だと思った事

私がクレジットカードを持って一番便利だと思った事は、スマホのアプリ内課金です。それまでは各OS対応のカードを買って課金していたのですが、深夜などにそのカードが必要になった場合コンビニに買いに行くのがとても面倒でした。ですがクレジットカードにしてからは場所や時間を選ばずにあっという間に課金が出来ます。これが本当に便利です。私はとくにスマホのゲーム中毒というわけではありません。ですが、イベント中などは課金が必要な事も多く、クレジットカードを持つ前までは会社帰りにまとめてコンビニで課金専用のカードを購入していました。クレジットカードではそれが必要なくなり、コンビニに行く手間も時間も必要なくなりました。スマホのゲームをやらない人には分からないと思いますが、それだけでも本当にクレジットカードを作って良かったと思いました。

続きを読む

旅行にクレジットカードを利用してました

若いときに旅行をすることがちょっと流行ってて、長期の休みをとっては出掛けたりするのが楽しかったこともありました。そんなとき収入も間々成らない時期でもありましたが、そんなときにクレジットカードで支払いを済ませて行くようにしていました。自分自身でもちょっと無理してお金を工面しているなと感じてはいましたが、それでも今しかないと思ってクレジットカードを利用して旅行を満喫していましたが、一度に最低でも5万円くらいが何度も続けば大変になるに決まっています。旅行先は楽しく満喫することができましたが、いざ返済になるとかなりキツかったです。確かに思いではできましたが、やはり旅行に行くにしてもクレジットカードを利用するにしても、考えて行動しなければいけませんね。 

続きを読む

クレジットカードの審査では資産が多い方が有利

クレジットカードを作る際には、審査をクリアしないと持てませんが、このクレジットカードの審査では、現在の収入とともに、今実際に持っている資産の総額のようなものが審査されます。そして、それが多いほうが有利ということになるのです。当たり前の話ですけど、返済に困るというのが1番避けないといけない事態になるので、それを最悪避けられるか?自分の持っているお金や預金で返済ができなくなった場合に、持っている資産を売却して、返済ができそうか?そうかというのも評価項目になっているのです。現在、お金という形ではないが、いざというときにお金に変えられるものを持っている場合には、それが評価対象になり、それだけ審査においても有利になりやすいのです。例えば、家や車ですね。家や車もできるだけ新しい方が良いので、どういうものを持っているか?によって、評価の仕方も変わりますが、少なくとも持っていないよりは持っている方が有利です。結婚していて、家族がいる場合には、家や車を持っていても不思議ではないですし、実際クレジットカードを作りたいというときに、これらのものが実際に審査においてプラスに働くこともあります。そうなると、独身の人はそれだけ家や車の所持率は低いと思いますから、実質結婚しているか?どうかというのも関係してくるということです。

続きを読む

こんなクレジットカードは審査が甘い

今では複数のクレジットカードを所有するのが当たり前になっています。確実に以前よりもクレジットカードを手に入れやすくなっている世の中です。とはいえ、クレジットカードの審査には会社によって差があるのでしょうか。どんな場合は審査が甘いとわかるのでしょうか。今日はこの点について記したいと思います。
まず、クレジットカードの審査は会社によって差があるのでしょうか。実際にはあります。今でももっているだけでステータスになるクレジットカードはあります。そうした会社の場合には審査は厳しいほうであるといえます。
では、どうすればクレジットカードの審査が甘いとわかるのでしょうか。例えば、現在キャンペーンを行っているカードは審査が甘い可能性があります。多くの人に入会してもらうためにキャンペーンをしているということは、クレジットカードを多くの人に所有して欲しいという意味ですので、審査は甘くなっていると考えることができます。
とはいえ、だからといって気をつけたいのは一度に2枚以上のクレジットカードの申し込みをすることです。こうしてしまうと審査が甘くても、実際に通過するのは厳しくなってしまいます。それで、クレジットカードを申し込む際には一枚ずつ行うようにしましょう。
中には、無職でも作れるクレジットカードも存在します。ですが、職業欄に無職と書いては、さすがに審査に通らないのでちょっとしたコツが必要です。

続きを読む

初めてのクレジットカード

私は半年前、初めてクレジットカードなるものを持ちました。最初は何か後ろめたいような気になり使うのをためらっていましたが、コンビで買い物をしたとき、つい財布の中に小銭が無かったのとあまりにも半端な金額でしたので思い切ってクレジットカードを出しました。実はどうやって使うのかもわからなかったので、恐る恐る店員さんに聞いてみました。カードは使えますか?と聞きましたら、ハイと言われたので出しました。なんの事は無かったのです。レジにサーッと通すだけで、暗証番号も何もいらなかったのです。そのあとは普通にカードを返してもらい財布にしまいました。お金を一銭も使わずに買い物ができ、なんか、そのときは得した気分になりました。でも後で払わなければならない事を考えあまり使えないないなと思いました。

続きを読む

クレジットカードは支払いもスムーズで便利

最近のデパ地下やスーパーマーケットではサインレスでクレジットカードを利用できることも多く、クレカがあればお釣りを渡してもらって数えたり、財布から小銭を探す必要などもなく、スムーズに買い物を終えられるので安心です。財布が小銭でかさばって重くなることもないですし、大きな買物をする時でもたくさんお金を持ち運ばずに済むので助かります。クレジットカードは利用した額によってポイントを還元させることが出来るので、私は節約のために公共料金支払いやプロパイダ料金やスポーツジムの月会費など、毎月発生する固定費はクレジットカードで支払うことを意識してます。使いすぎには注意が大切ですが、クレジットカードは海外旅行にも便利ですし、買い物の幅を広げてくれる存在だと実感してます。

続きを読む

クレジットカードの利用について

私は以前はクレジットカードというものを所持していませんでした。安定した収入はあったので作ろうと思えば作れそうなのですが、手続きがめんどくさそうですし具体的な手順なども良く分からないことからまずそれも調べないといけないのというのも億劫で中々手を出せずにいました。そんな中世の中ではインターネットが普及して、それに伴い通信販売も広まり私も日墓の生活の中で頻繁にこれを利用するようになりました。そんな中でふと感じたのがクレジットカードでの通信販売の決済です。通常ならば銀行振り込みなどで別途支払いに関する手続きをしなければなりませんが、クレジットカードの場合はその場で支払いを済ますことができます。しかもそのカードには各種サービスなどと交換できるポイントを貯めることができ、実店舗でも便利に使えることからクレジットカードを作ることにしました。作り方も想像していたより簡単で、審査にも受かりカードを受け取って早速通販で買い物をしましたが本当に楽です。実店舗での決済も便利ですし、ガス代など公共料金の支払いにも充てられるので、ポイントもどんどんたまっていきます。これほど便利ならばもう少し早く作っておけばよかったと思います。

続きを読む

クレジットカードの作成

ずっとクレジットカードを作りたいと思っていましたが、自分自身が専業主婦なので、自分の職業を職業欄には書くことができず、常に旦那の職業をそこには書かなければいけないのが嫌で、クレジットカードを作ることがずっとできませんでした。もちろん、旦那に内緒でクレジットカードを作るわけではないので彼に知られても良いのですが、旦那の会社に私自身がクレジットカードを作ることを知られるのは嫌だなと思いました。作成前に確認の電話がクレジットカードから旦那の会社にかけられるので、旦那にも迷惑がかかるしプライベートなことを知られるのが嫌だなと感じます。でも、その必要が無いクレジットカードを見つけ、すぐさまその会社でクレジットカードを作りました。

続きを読む

クレジットカードの審査はけっこう厳しい

クレジットカードくらい簡単に作れてしまうのではないかと考えておられる方もいるかもしれませんが、クレジットカードの審査にはけっこう厳しいものがあります。審査基準は、クレジットカード会社にはもちろんあるのでしょうが、公開されているわけではないので、私たちにはよく分からないところがあります。要するに、ブラックボックスであるというわけです。しかしながら、注意点はあります。
まず、クレジットカード会社が求める情報についてはきっちりと記入することが大切です。他社借り入れがあるにもかかわらず「なし」などと書いても、個人信用情報機関に照会されますから、隠すことはできませんし、嘘を書いていたとなると、審査が厳しくなることは避けられません。ただ、年収をちょっとくらい水増しするというくらいのことは、してもいいというわけではないですが、けっこう効果はあるようです。
また、審査が厳しいところと緩いところがありますから、審査を通らなかったというのであれば、緩いところのカードを作ってみるということが考えられます。想像されるところですが、銀行系が最も厳しく、消費者金融系が最も緩いです。
これらの点に注意すれば、審査を通りやすくなるとは思います。

続きを読む